HOME > 実習制度とは

実習制度とは

外国人技能実習制度とは

外国人技能実習制度は、我が国で培われた技能、技術又は知識の開発途上地域等への移転を図り、当該開発途上地域等の経済発展を担う「人づくり」に寄与することを目的として創設された制度です。

実習生は、実習実施者(受入れ企業様)と雇用関係を結び、実践的な能力を高めるために3年間の技能実習に入ります。

受入れ可能人数
申請者常勤職員数(パート除く) 技能実習生受入れ人数枠
基本人数 優良実習実施者
30人以下 3人 6人
31人以上~40人以下 4人 8人
41人以上~50人以下 5人 10人
51人以上~100人以下 6名 12人
101人以上~200人以下 10名 20人
201人以上~300人以下 15名 30人
301人以上 常勤職員総数の5% 常勤職員総数の10%
入国から帰国までの3年間(5年間)